鉄剤注射はドーピングと同じ 放置してきた日本陸連の大罪

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年5月23日 12時0分

「対応が甘い」との声もある。 日本陸連は22日、長距離選手が貧血治療用の鉄剤注射を記録向上のために用いている問題について、今年の全国高校駅伝から血液検査で使用が疑われた場合、指導者にヒアリングを行い、説明を求める考えを示した。ただし、罰則は科さないという。 陸連は以前から、女子長距離選手が持久力を高めるために鉄剤注射をしている事実を把握していた。2016年には、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング