体罰横行も監督が隠蔽…バレーボール強豪・市立尼崎高の暴力体質

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年5月24日 9時26分

昨年の高校総体で全国制覇を果たした兵庫県尼崎市立尼崎高校の男子バレーボール部で、男性コーチ(28)が部員にケガをさせ、それを男性監督(51)が隠蔽し、体罰が常態化していたことが明らかになった。 4月29日、3年生部員A君は、体育館のコートで1年生にプレーを指導していた。他の部員がスパイクしたボールが壁にはね返り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング