写真

菊池涼介(右)と丸佳浩(C)日刊ゲンダイ

広島の連勝は11でストップした。 26日の巨人戦。同点の八回に巨人・重信に犠飛を許し、接戦を落とした。それでも敵地での首位攻防戦は2勝1敗と勝ち越し。2ゲーム差で首位をキープする。この日も3点差から代打・長野の適時打で一時同点とするなど、負けてなお強しという印象を植え付けた。巨人の原監督は「なかなかすんなりいかないけど、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング