所属議員も鼻白む 自民党本部“ネトウヨ冊子”大量配布で参院選対策

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年6月16日 9時26分

年金をめぐる「老後資金2000万円不足問題」は国民の不安を増幅する一方だ。そうした中、14日の衆院財務金融委員会では、金融相を兼任する麻生財務相の放言がまた響いた。野党議員から年金受給の有無を問われ、「秘書に任せていて、正確な記憶がない」と答弁。年金なんてハシタ金と言わんばかりの横柄な態度を見せた。参院選への悪影響にビビって火消しを急いでいる自民党は大ワラワ。選挙対策で自民党の全国会議員に“ネトウヨ冊子”をまき散らすほど焦りを強めているのだ。 今月10日ごろから自民議員の元に「フェイク情報が蝕むニッポントンデモ野党とメディアの非常識」と題された冊子が送り付けられている。縦21センチ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング