実業団陸上の“飼い殺し制度”は公取委の指摘で変わるのか?

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年6月20日 9時26分

「おそらく制限は撤廃されるでしょうが、これは恥ずべきことです」 スポーツライターの津田俊樹氏がこういうのは、17日に公正取引委員会(以下=公取)が発表した「スポーツ事業分野における移籍制限ルールに関する独占禁止法上の考え方について」の件だ。 スポーツ界における移籍制限の実態調査を進めてきた公取は、「人材(選手)の獲得を巡る公正かつ自由な競争という観点からみた場合に、その合理性や必要性について十分に検討した上で設定されたとは言い難いものが多く存在することが認められた」という。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング