写真

プロの洗礼を浴びたが…(C)日刊ゲンダイ

「自分の思う球が投げられなかった。ストレートを狙われ、変化球の割合が増えたが、ストレートを印象づけられず、変化球も中途半端になってしまった」 日本ハムの吉田輝星(18)がこう反省した。 23日の中日戦、プロ2戦目の先発マウンドに上がったが、3回5失点で初黒星を喫し、プロの洗礼を浴びた。 中日打線は外角直球を徹底して狙った。ある打者は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング