写真

定位置を奪取した(C)共同通信社

守護神の座を奪い返した。 昨季最下位ながら、パ・リーグで2位と奮闘する楽天。好調な打撃陣が牽引するが、投手ではこの男の存在も大きい。抑えを任されている松井裕樹(23)は今季、両リーグトップの24セーブ。交流戦でもトップの8セーブを挙げた。 松井はプロ2年目の2015年から3年連続30セーブ以上を記録した。しかし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング