打率3割常連の面影なし…ソフトB内川聖一も抗えない疲れと加齢

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年6月27日 12時0分

日本を代表するヒットメーカーが苦しんでいる。 ソフトバンクの内川聖一(36)は26日現在、打率.238。パの規定打席到達者の中で、下から4番目。かつて3割の常連だった面影はない。 低空飛行の理由について森ヘッドコーチは「疲労かもしれない」と言うが、あるホークスOBはこう語る。 「あまり衰えという言葉は使いたくないけど、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング