ASデュエット惨敗発進 乾・吉田組が超えられなかった「8cm」の壁

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年7月16日 12時0分

2020年東京五輪でのメダル有力種目が惨敗発進である。 韓国・光州で行われている水泳の世界選手権。アーティスティックスイミング(AS)のデュエット・テクニカルルーティン(TR)決勝で、日本の乾友紀子(28)、吉田萌(24)ペアは92.1116点の4位。ライバルのアナスタシア・サフチュク(23)、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング