エース候補が序盤4失点…西武の打線頼みはいつまで続く?

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年7月16日 12時0分

「修正しきれなかった。あとボール1個分は厳しいコースに投げる練習をしないと……」 試合後、西武先発の今井(21)が肩を落とした。 15日のロッテ戦で先発するも、初回に安打と死球でいきなり1失点。それでも直後に4点の大量援護をもらい、後は打線の奮起に応えるだけ……のはずだった。 二回、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング