動き鈍い創価学会員 投票率上昇なら公明党は「選挙区1勝6敗」危機

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年7月18日 9時26分

お寒い天気のように盛り上がらない参院選。公明の支持母体である創価学会もいまいち動きが鈍い。無党派層が投票所に足を運び、投票率がアップすれば、足をすくわれる公明候補も少なくない。今回の参院選は、安倍政権の悪政をアシストしてきた公明に審判を下す選挙でもある。 「当初から大苦戦が予想されていた兵庫は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング