センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年7月21日 9時26分

【松坂、涌井、筒香を育てた鬼の秘伝書】 全国各地の地方大会で序盤から波乱が起きている。 今春のセンバツ優勝校の東邦(愛知)が2回戦で八回コールド負け。同じくセンバツ出場校では、国士舘(西東京)、大分、熊本西、日章学園(宮崎)が初戦敗退。宮崎では昨夏代表校の日南学園、2013年夏の甲子園で準優勝だった延岡学園が早々に敗退。高崎健康福祉大高崎(群馬)、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング