初甲子園決めた長野・飯山 2年生右腕・常田にスカウト注目

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年7月24日 9時26分

長野で、30年ぶりの公立校同士による決勝を制した飯山。2016年に飯山市内にあった3校が統合してできた新チームが、優勝候補の上田西などを退けて、初の甲子園進出を果たした。 17年4月に就任した吉池監督(29)の手腕もさることながら、注目は2年生右腕の常田唯斗(右・右/181センチ・72キロ)。身長は高校入学後も伸び続け、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング