写真

六回にタイムリーを打たれる奥川(C)日刊ゲンダイ

星稜(石川)が13日、立命館宇治(京都)との2回戦で14安打6得点。6―3で5年ぶりの3回戦進出を決めた。 1回戦で完封したドラフト1位候補・奥川恭伸(3年)はベンチスタートだったが、3点差に詰め寄られた六回の、なおも2死一、二塁の場面でマウンドに上がった。「打たれたらヤバいと思った」と先頭打者に適時左前打を許したものの、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング