星稜・奥川「154km連発23K・165球完投」で生じた付加価値

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年8月19日 12時0分

スター不足に悩むプロ球団が、あるとき、ドラフトでどういった選手を獲得すべきかという議論を真剣にやった。出た結論は「一流選手に育つだけの技術的な裏付けはもちろん必要だが、春のセンバツや夏の甲子園でファンの印象に残るような活躍をした選手」だった。 1年時から5季連続で出場して2度優勝した桑田、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング