写真

佐々木朗希(C)日刊ゲンダイ

U18日本代表の佐々木朗希(大船渡)は初登板となった6日の韓国戦で試合前に右手中指のマメが再発し、わずか1回19球で降板。ホロ苦の世界デビューとなったが、視察に訪れたメジャー球団のスカウトたちに、強烈なインパクトを与えた。 同じ岩手出身の大谷翔平が所属するエンゼルスのエルナンデス国際アシスタントディレクターを直撃すると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング