U18W杯日本5位惨敗の理由と佐々木が苦しんだマメ対処法

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年9月15日 9時26分

【松坂、涌井、筒香を育てた鬼の秘伝書】 韓国で行われたU18W杯で、日本は5位と寂しい結果に終わった。 佐々木(大船渡)と奥川(星稜)の2本柱を擁し、初の世界一を目指したが、20人のメンバー選考が不可解だった。 永田監督が「守備面」を敗因に挙げたように、8試合で9失策は多い。そのうち7失策した内野手は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング