ドラフト一番人気の星稜・奥川恭伸を狙う阪神の“嫌われ方”

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年10月14日 9時26分

国体終了後にプロ表明をした奥川恭伸(星稜)。U18W杯・カナダ戦では右肩の状態が万全ではない中で、7回1失点。18三振を奪う快投でメジャースカウトもうならせた。夏の甲子園では智弁和歌山戦で延長14回を一人で投げ、3安打1失点、23奪三振でプロのスカウトの度肝を抜いた。最速154キロの直球はもちろん、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング