大学No.1投手の評価も…明大・森下暢仁にはメンタルの課題

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年10月15日 9時26分

佐々木、奥川と並んで注目される投手が明大・森下暢仁(22=大分商)だ。広島、ヤクルト、西武などが1位候補に挙げている。 最速155キロの直球に加え、カットボール、カーブ、チェンジアップなどを操る。完成度の高さから、大学ナンバーワン右腕としてスカウト陣の熱視線を浴びる一方で、こんな声もある。 在京球団のスカウトがこう言った。 「1年のときから去年までは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング