セは来季も原巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年10月15日 12時0分

巨人の原辰徳監督(61)が13日に行われた阪神とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦を制し、10度宙を舞った。 同点で迎えた六回2死三塁から丸が三塁前へ決勝のセーフティースクイズを決めた。阪神だけでなく、味方の原監督まで「びっくりした」と意表を突かれたほど。広島からFAで今季加入したが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング