写真

NHK大河ドラマ「いだてん」(左から阿部サダヲ、中村勘九郎、脚本の宮藤官九郎)/(C)日刊ゲンダイ

断末魔の様相だ。 13日放送のNHK大河ドラマ「いだてん」の第39話が、平均視聴率3・7%(関東地区・ビデオリサーチ調べ=以下同)を記録。大河史上ワーストだったことが分かった。 同ドラマが持つ第32話(8月25日放送)の5・0%を1・3ポイント更新。裏番組の「ラグビーW杯日本×スコットランド」(日本テレビ系)は39・2%だった。日本の決勝トーナメント進出が懸かかった大一番に完全に蹴散らされてしまった格好だ。テレビ朝日系の「ポツンと一軒家」2時間半SPは16・4%と健闘したので「いだてん」は完全独り負けの大惨敗だ。 同ドラマは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング