子宮頚がん治癒へ第一歩… オーストラリアでマウス実験成功

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年10月17日 9時26分

【ニューヨークからお届けします】 ゲノム編集技術「クリスパー」を使って、子宮頚がんを治すマウス実験に世界で初めて成功したというニュースが話題になっています。 研究を行ったのは、オーストラリア・グリフィス大学のマイケル・マクミラン教授のチームです。マウスのがん細胞中にあるがんを引き起こすE7遺伝子に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング