広島は即戦力右腕を“一本釣り” 明大・森下に背番号18を用意

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年10月18日 12時0分

広島が最速155キロ右腕、森下暢仁の一本釣りに成功した。佐々木、奥川と並ぶ「ビッグ3」の一角。前日に1位指名を公表していた佐々岡新監督は交渉権確定後の取材に対応すると、すぐに都内の明大へ向かい、速攻で指名あいさつを行った。「いい男、イケメン。来年のキャンプやシーズンで投げる姿を思い描いている」と言い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング