写真

10月5日、白血病からの復帰戦で、子どもたちとタッチを交わすサッカーJ2新潟の早川史哉(C)共同通信社

すべてのがんを網羅すると、5年生存率は6割を超える。がんは不治の病ではなく、ほかの病気と同じように共存しなければいけない病気だ。そこで気になるのが、診断されてからいろいろな局面で突きつけられる不安との折り合いだろう。 サッカー、アルビレックス新潟のDF早川史哉(25)は、筑波大を卒業してチームに加入した2016年に急性白血病と診断された。プロとして歩み始めた直後の悲劇だったが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング