写真

女児が切りつけられた現場付近(C)共同通信社

犯人は中学生だった――。青森県八戸市の殺人未遂事件に驚きの声が上がっている。 12日午後4時40分ごろ、帰宅途中の小学6年の女児が背後から刃物で首を水平に切りつけられた。傷は1カ所で長さ10センチ、深さ最大1センチだったが、女児は犯行現場から徒歩1、2分の自宅に帰り、家族が警察に通報した。傷は全治3週間で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング