写真

48歳の若さで他界した桂三金さん(左)と早期治療が幸いした加山雄三さん(C)日刊ゲンダイ

明暗を分ける結末だった。8日午後7時ごろに自宅で体調不良を訴えた歌手の加山雄三さん(82)はすぐに受診して脳梗塞と判明。点滴治療で快方に向かっている。しかし、翌9日に自宅で倒れた落語家の桂三金さんは病院に救急搬送されたものの、脳幹出血で帰らぬ人に。48歳だった。血管が詰まる脳梗塞と血管が破れる脳出血とでは全く異なるが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング