ヤクルト1位・奥川恭伸 佐々木朗希の163kmで自分を見失った1カ月

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年11月17日 9時26分

【19年ドラフト選手の“家庭の事情”】#6 奥川恭伸(ヤクルト1位) ◇◇◇ 「よく泣いていました」 こう話すのは、奥川恭伸が宇ノ気小学校2年生のときから所属していた「宇ノ気ブルーサンダー」の広瀬勝巳代表(54)だ。 今夏、甲子園を沸かせた奥川。決勝で履正社に敗れて準優勝に終わると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング