写真

今後はマークが一層厳しくなる(C)共同通信社

米プロバスケットボールNBAの日本人ルーキーが強豪相手に存在感をアピールした。 ワシントン・ウィザーズの八村塁(21)が1日(日本時間2日)のロサンゼルス(LA)・クリッパーズ戦で、昨季のNBAファイナルMVPのカワイ・レナード(28=前ラプターズ)らを前に自己最多の30得点、29日(同30日)のLA・レイカーズ戦では、キングの異名を持つ現役最高プレーヤーであるレブロン・ジェームズ(34)とのマッチアップを制する場面もあり、16得点、8リバウンドをマーク。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング