捜査関係者も首ひねる 山健組組長が自らヒットマンになった理由

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年12月6日 9時26分

「山健にあらざれば山口にあらず」 かつては山口組傘下組織で最大勢力を誇り、隆盛を極めた山健組の組長が、自らヒットマンになっていた。 指定暴力団山口組の中核団体「弘道会」の事務所前(神戸市中央区)で8月、組員が襲撃されて重傷を負った事件。兵庫県警は3日、対立する神戸山口組の若頭代行、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング