大阪府警“半グレ狩り”加速 ミナミ「モロッコ」2トップ逮捕

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年12月7日 9時26分

大阪府警が「半グレ狩り」を加速させている。ミナミを拠点にしていたアビス、拳月に続き、「モロッコ」の2トップを含むメンバーを次々と検挙しているのだ。 高齢者からキャッシュカードを盗み、不正に現金を引き出したとして枚方市の大阪学院大の学生、岡本一樹容疑者(20)が、先月29日、窃盗の疑いで府警捜査2課に逮捕された。 岡本容疑者はモロッコの2トップの1人で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング