米WSJの記事が話題“ポジショントーク”のうのみは損をする

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年12月7日 9時26分

先日、不思議なフェイクニュースがありました。 名門のウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が「ヘッジファンドのブリッジウォーターは15億ドルのオプションを市場下落に賭けている」というタイトルの記事を書いたことです。 このタイトルの意味は、暴落すると大きく儲かるポジションを大量に持っているということなので、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング