肝臓がんは九州沖縄が中心 がん患者の分布が偏る地域性の理由

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年12月7日 9時26分

【Dr.中川のみんなで越えるがんの壁】 佐賀県の肝臓がんの患者数は1999年から19年連続でワーストでしたが、昨年の速報値で31・4となって、和歌山の32を下回り、20年ぶりに最下位を脱却したことが話題になりました。なぜ、20年も佐賀がワーストだったのかというと、がん患者の分布には地域性が関係しているのです。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング