エ軍大谷、巨人菅野…契約更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年12月8日 9時26分

年俸2億円――。今はこれがプロ野球選手の超一流の証しといわれる。 ■5年以内の2億円突破は13人 5日にパ・リーグ本塁打王の西武・山川が年俸2億1000万円で更改。4日にパMVPの西武・森が2億円。リーグ打率2位のオリックスの吉田正は先月29日にこちらも「大台」に到達した。吉田正はプロ野球13人目の入団5年目以内の2億円突破となった(表)。大谷はメジャーで年俸調停の資格を得る3年目のオフまで大幅な年俸増は見込めないが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング