体の免疫を調整 BCGワクチンを打つと肺がんが6割減る?

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年12月9日 9時26分

【医者も知らない医学の新常識】(201) 「BCG」というワクチンがあります。剣山のようなたくさんの針を、皮膚に同時に刺して行うやり方で、「はんこ注射」といわれることもあります。 これは牛の結核菌からつくられた生ワクチンで、主に小児期の結核予防のために行われています。今では1歳前のお子さんに対して、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング