はとバス衝突で死亡者…インフルエンザ「仕事休め」の重大サインは?

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年12月10日 9時26分

先週4日に東京・新宿区で起きた「はとバス」の事故にドキッとした人もいるだろう。逮捕された運転手(37)は当日午前7時ごろの点呼で体調不良を申告せず、担当者による対面確認でも異常は見られなかったという。ところが約12時間後の午後6時半にハイヤーに追突し、ハイヤーの運転手が死亡した。はとバスの運転手は38度超の高熱でインフルエンザと診断された。 インフルが急速に拡大している。厚労省が6日に発表した報告によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング