ヤマダ電機が大塚家具を子会社化…「弱者統合」の勝算は?

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年12月12日 16時20分

ヤマダ電機は12日、経営再建中の大塚家具を子会社化すると発表。大塚家具が実施する第三者割当増資をヤマダが引き受け、株式の51.7%を43億円で取得した。 両社は今年2月に業務提携で合意し、すでにヤマダ電機の「家電住まいる館」で大塚家具の商品を販売している。 大塚家具は2月に中国系ファンド「ハイラインズ日中アライアンスファンド」などを引受先とする第三者割当増資を実施。財務体質の強化を図ってきたものの、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング