いばらき大使の報酬だけで6000万円超 ペテン食専門家のうさんくささ

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年12月13日 9時26分

「テレビ番組の企画・構成、コメンテーターなど幅広く活躍する“フードアナリスト界の星”」と持ち上げられていた。 納期を過ぎても委託した商品のパッケージデザインを制作しなかったとして、小野瀬水産(茨城県筑西市)が元「いばらき大使」でフードアナリストの藤原浩氏(55)に約191万円の損害賠償を求めた裁判で、東京地裁は10日、約114万円の支払いを命じた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング