“安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年12月14日 9時26分

第2の「加計問題」か。安倍首相の「お膝元」山口・下関市で“側近”による「大学私物化疑惑」が取り沙汰され、大炎上している。 舞台となっているのは、経済学部のみの単科大学として1962年に設置された「下関市立大学」。突然「専攻科」の新設が決まったうえ、かつて安倍首相の秘書だった前田晋太郎市長が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング