うつ診断が薬で改善しない…男性更年期かも?「ホルモン補充療法」という選択肢が

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年12月14日 9時26分

【90歳現役医師最強の体調管理】#4 働き盛りのうつ症状の多くは、テストステロン減少が原因なのだという。 「うつと診断された50代の患者さんのケース。気分の落ち込みがひどいからと精神科を受診したのですが、出された薬を飲んでも改善しない。『先生、症状が良くならないんですけど……』と言っているうちにどんどん薬が増え、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング