平成10年の「三井埠頭」手形乱発事件では“中江死亡説”も流れた

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年1月19日 9時26分

【中江滋樹“兜町の風雲児”ゼニの哲学】#20 出所後の中江が再び世間をにぎわした出来事のひとつが、平成10年に発覚した「三井埠頭」の手形乱発事件である。業績不振の三井埠頭(東証2部上場・10年倒産)の手形が街金業者に出回り大騒ぎになった。裏にいたのは中江だと言われたものだが、こう説明する。 「オレは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング