写真

特権階級に不満爆発(逃亡先の滞在地ベイルートでインタビューに応じるカルロス・ゴーン被告)/(C)ロイター

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の逃亡先レバノンで、大規模な反政府デモが続いている。首都ベイルートでは18、19日、デモ隊と治安部隊が衝突。2日間の負傷者は490人を超え、昨年10月に反政府デモが始まって以来、最悪の衝突となった。レバノン政府に“庇護”されているゴーン被告も安泰ではなくなってきた。 レバノンは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング