警備都合で草木ゼロ「お・も・て・な・し」には程遠い選手村の実態

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年1月24日 9時26分

こんな無機質な環境に閉じ込められて、世界中のアスリートはどう思うだろうか。東京五輪の開幕まで、あと半年。施政方針演説で安倍首相が「国民一丸」ムードを高める中、選手たちが最も長い時間を過ごす選手村の宿泊棟は既に完成している。 現地を訪れると、東京湾を望む晴海埠頭の44ヘクタールもの広大な敷地に21棟がそびえ立つ。驚かされるのは草木がほとんど生えていないこと。緑にあふれていた招致時の選手村の完成イメージ図とは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング