4万件超す最悪ペース 2019年の“隠れ倒産”高止まりの不気味

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年1月29日 9時26分

“隠れ倒産”ともいわれる企業の廃業・休業・解散が高止まりしている。 東京商工リサーチの「休廃業・解散企業」調査によると、2019年は4万3348件だった。前年に比べ7・2%減少しているものの、4万件を超す最悪ペースに変わりはない。企業の休廃業・解散は06年に2万件を突破し、13年に3万4800件と初めて3万件を超えた。16年には4万件に達し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング