文化芸術にはコロナ緊急支援なし…ミニシアター消滅危機で映画業界も大ピンチ

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年4月9日 9時26分

新型コロナ禍によってエンタメの雄、映画業界も大ピンチだ。「緊急事態宣言」により上映中止や延期、休館を余儀なくされているが、何の経済的補償もないまま今の状況が続けば閉館する映画館が続出し、俳優もスタッフも、関係者は生活が立ち行かなくなる。 「とりわけ存続危機に直面しているのが、いわゆるミニシアター、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング