広島発“女性が涙する”映画 現役ストリッパー・矢沢ようこが語る舞台裏

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年4月10日 9時26分

若い女性が映画館に訪れては涙する――そんな口コミで人気に火が付き、地方興行から全国公開に“格上げ”された映画がある。「彼女は夢で踊る」(アークエンタテインメント配給、時川英之監督)がそれだ。広島市中区の歓楽街・薬研堀にある老舗ストリップ劇場「広島第一劇場」を舞台とした作品で、閉館の危機が迫る老舗劇場の社長(加藤雅也)が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング