日立は在宅勤務へ舵切る アフターコロナのサラリーマン生活

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年5月30日 9時26分

アフターコロナのサラリーマン生活は激変しそうだ。 日立製作所は在宅勤務を定着させ、2021年に「在宅勤務50%」を目指す方針を掲げた。また押印やリアル会議を減らすとしている。富士通は「(新型コロナウイルス感染拡大)以前の形に戻ることはない」(時田隆仁社長)として、在宅勤務を基本とし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング