医者も忌み嫌う「死の現実」自分の身に起こると理解しない【死なせる医療 訪問診療医が立ち会った人生の最期】

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年5月30日 9時26分

【死なせる医療訪問診療医が立ち会った人生の最期】#8 厚生労働省の人口動態調査をもとにした「死亡場所の推移」によると、1951年は病院・診療所での死亡が11・7%だったのに対して自宅が82・5%だった。この割合は1976年になると逆転し、2005年には病院・診療所が82・4%で自宅が12・2%となっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング