使い道を明確に…バド奥原の問題提起で露呈した「スポーツ界の悪しき慣習」

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年6月1日 12時0分

その主張はもっともだ。 バドミントン女子シングルスで2016年リオ五輪銅メダルの奥原希望(25)が5月17日、ツイッターで「(ツアー賞金の)10%を協会に納めることになっている」と明かし、「そろそろその使い道を選手は知る権利があるのでは?また上限を決めてもいいのではないでしょうか?皆さんどう思いますか?」と問題提起した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング