大坂、錦織ら米人種差別にSNSで抗議 五輪出場中の掲示は厳罰も

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年6月4日 12時0分

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平(25)、女子テニスの大坂なおみ(22)、プロバスケットボールNBAウィザーズの八村塁(22)らが2日(日本時間3日)、自身のSNSで、米国内を揺るがしている人種差別に抗議の意思を表明した。 大谷らは抗議運動である「BlackOutTuesday(真っ黒な火曜日)」に賛同して、SNS上に黒塗りの画像を投稿。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング