ジェネリック関連が次の爆騰株 米中覇権争いで脱中国加速

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年6月5日 9時26分

秋ごろには高値更新もあるのではないか――。株式市場はまるで新型コロナウイルスが終息したかのような盛り上がりだ。 「日経平均は2万2000円台を固めつつあります。世界的な金融緩和により“金余り”が顕著になっています。その流れで株式市場に資金が集まっているのです。日経平均は1月につけた年初来高値2万4115円が視野に入ってきました」(市場関係者) 現在の相場を牽引しているのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング